← Back to Blog

雨の日にできること☔️in Honolulu😁

アクティビティとアトラクションエンターテインメント

Hawaii-Kai-Rainbow

せっかくハワイに旅行に来たのに雨降り・・・。「あ〜〜〜」って気持ちが沈んだりしてしまいますよね。でも大丈夫!ワイキキトロリーに乗って、雨の日でも楽しめる場所をいくつかご紹介致します♪

 

熱帯地方に位置するハワイですが、東からの暴風雨がほぼ絶え間なく吹くために、気温も湿度もそれほど高くなることはありません。

年間を通して気温はほぼ80℉(31℃)で、暑くなりすぎず寒くなりすぎないところがハワイの魅力の一つでもありますよね。

一年に約154日間雨の日がありますが、にわか雨が少し降ってすぐ上がるのが通常です。最も乾燥するのが6月、7月、8月、そして9月。12月が最も湿気の多い月で、1月が最も寒い月です。

ハワイの青々と茂った山々には最も多く雨が降り、水晶のように透き通った水のある魅惑的なビーチでは雨が少ないのです。風上にあるカイルア、ワイマナロ、カネオヘは、風下にあるカポレイ、コオリナ、ワイアナエやホノルルよりも雨が降ります。

さて、ハワイの気象情報はここまでにして、これから雨の日でも楽しめるホノルルの室内アクティビティをいくつかご紹介させて頂きます♪ちなみにオススメは、コンボパッケージをお使い頂くこと。ワイキキトロリーに乗れて入場券も付いてくるので断然お得です!!4日または7日乗り放題チケットを購入で最大$31オフになりますよ♫

 

ホノルル美術館

レッドラインに乗って、ホノルル美術館で雨やどり&室内アクティビティを楽しみましょう!閑静な住宅街の一角にあるハワイ最大の美術館です。世界中から集められた美術品、またハワイの文化遺産が集められています。おもな作品としては、ピカソ、 モネ、ゴーギャンなどの絵画、ロダンやエプスタインの彫刻、東洋美術のコレクションなども見ごたえがあります。美しい中庭にはカフェテラスがあり、静かに 心豊かなひとときを過ごせます。

【ホノルル美術館】

毎週水・金・土曜日の10時から日本語による無料館内ツアーがあります。ワイキキトロリー・レッドラインのDFS始発、又は、2発目にご乗車し、ご参加ください。
営業時間:火-土10:00-16:30 日13:00-17:00 (定休:月、サンクスギビング、クリスマス)
入場料:大人$10.00 子供(4歳以上12歳以下)$5.00

電話:(808)532-8701
住所:900 St. Beretania St.

 
 

ワイキキ水族館

スノーケリングがしたくても、雨が降ってしまったらやる気も失せてしまいそう・・・。そんな時はワイキキ水族館がおすすめです♪「ハワイに来ても泳ぐことなんてできない!」なんて方にも楽しめること間違いなし!ハワイの魅力の一端である海の豊かさが実感でき、展示内容の充実度もなかなかのハイレベル。珍しいハワイアン・モンクシールも、間近に見ることができます。子供が参加できる楽しいプログラムもいろいろ実施中なので、家族揃って気楽に立ち寄れる場所です。

【ワイキキ水族館】
営業時間: 9:00~16:30
12/31は15:30まで(定休:クリスマス、ホノルルマラソン)
入場料: 大人$9、子供(13-17歳)$4、子供(5-12歳)$2(4歳以下は無料)
住所: 2777 Kalakaua Ave
電話: (808)923-9741

 

ビショップ博物館

ここビショップ博物館はサンクスギビングとクリスマスを除き、毎日営業しています。カメハメハ一族最後の子孫、バニース・パウアヒ王女の追悼のため設立されたこの博物館はハワイ州で一番大きな博物館です。ハワイやポリネシア全般の歴史や文化がわかる展示品の数々や、火山の仕組みなどを体験しながら学ぶサイエンス・アドベンチャー・センター、プラネタリウムなどがあります。日本語での無料館内ツアーも毎日行われています。また2019年2月24日まで行われている特別展示「元年者」では明治元年にハワイに移住して来た日本人たちの歴史的背景などを知ることができます。

【ビショップ博物館】

住所: 1525 Bernice Street
開館時間: 9:00 – 17:00(パープルラインビショップ博物館最終出発16:40)
電話番号: (808) 847-3511
入館料: 大人: $24.95、子供: $16.95